I use Opera!

Idler Blog

ニュース、ウェブ、スポーツ、その他いろいろ     Twitter Status:

トップスポンサー広告スポンサーサイト

スポンサーサイト

--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Author:zubuneri  --:-- | スポンサー広告 | comment(-) | trackback(-) | Permalink | このエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリを Buzzurl に追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 FC2ブックマークに登録
トップOther普及が進まないジェネリック医薬品

普及が進まないジェネリック医薬品

2007.04.30(月)
社説:ジェネリック薬 単に「同じ」では説得力がない [毎日新聞]

ジェネリック医薬品の普及が進んでいないようです。

記事の内容は、
効き目は新薬と同じで値段が安い。 同じ薬が安く使えるなら、それにこしたことはない。どんどん普及してもよさそうだが、話はそう単純ではないといい、その理由に
背景には信頼性への不安がある。昨年秋に公正取引委員会がまとめた調査では、医療機関の8割以上が「安全性や安定供給、情報量などに不安がある」と答えている。

ということをあげています。

確かに、信頼性への不安もあるかもしれませんが、それ以前にもっと別な理由があるような気がします。

ジェネリック医薬品を利用しようと思ったら、まず、医者に「ジェネリックを処方してください」と言わなければいけません。そのことが普通の人にはなかなか言えないのです。文句いいの私でも、医者に「ジェネリックを処方してください」というのはちょっと気を使うでしょう。変なことを言って先生が気を悪くしないかなとか思ってします。(私はここ何年は医者に行っていないのでそういう場面に直面したことがない)ましてや、知識のない老人や主婦にとってはそのことが非常に高いハードルになっているような気がすします。

まず、患者側が申し出るのではなく、医者の側から薬はどちらにしますかと聞くくらいにならなと普及は進まないだろうと思います。

それから、調剤薬局側もジェネリックの在庫を持っているかどうかわからない、もし在庫がなければ即薬をもらうことができなす。また、ロットも大きくて調剤薬局側にとっては今、ジェネリック医薬品を扱うのは負担が大きいとの話を聞いたことがあります。

ですから、記事のにあるような単純に「信頼性への不安」だけが問題ではないと思います。

CMもちょっと無責任な気がします。いかにも簡単にジェネリック医薬品が利用できる印象をあたえていますが、現実はそうでもないことをもっと認識して欲しいと思います。

もっと患者側が気を使わなくてもいい環境を作って欲しいものです。

スポンサーサイト

Author:zubuneri  20:04 | Other | comment(0) | trackback(0) | Permalink | このエントリをはてなブックマークに登録 このエントリを del.icio.us に登録 このエントリを Buzzurl に追加 このエントリをlivedoorクリップに登録 FC2ブックマークに登録
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURLはこちら
http://zubuneri.blog4.fc2.com/tb.php/1514-135bbb5b
アフィリエイト

Apple Store(Japan)

RSS RSS RSS

RSS配信
Idler Blog 新着情報





あわせて読みたい

サイトストック

Counter


Search

Google

Google Idler Blog

テクノラティー

プロフィール

zubuneri

  • Author: zubuneri
  • 今年、ついに50代に突入します。まだ若いつもりでいるのですが、そう思うのは自分だけのようです。

 lastfm


My Profile by iddy
powered by tunesBag.com

管理メニュー
feed
BLOG LANKING
DRECOM RSS

Blog People

LINK
Tags

メールフォーム

名前:

メール:

件名:

本文:

ブログ内検索

PAGERANK
CyberBuzz

BROWSIZE.ORG

Links to Site
福岡のホームページ制作会社 ゼロファクトリー

QRコード

QRコード

なかのひと.jp

フリーエリア

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。